【割ニュー】学割まとめ – 携帯から新幹線までお得な裏ワザニュース
*

ドコモの学割!【長期的に格安?】月額料金と特典は?


ここではドコモの学割についてご紹介していきます。
毎年、年の始めから半年程度が新規学割プランの期間となっています。
毎年、微妙に内容も異なるのでよくチェックしておきましょう!

 

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

 

1、ドコモの学割はいつから加入できる?

ドコモの学割プランの適用者は、3歳以上の学生に限られます。

学生とはいっても3歳はまだ小学生になっていませんが、それでも学割で申し込むことが可能です。

小学生から、中学、高校、専門学校、短大、大学、大学院などが適用される条件となっています。

具体的に年齢制限は記載されていませんので、学生という身分ならどなたでも申し込むことができるプランといえるでしょう。

手続きを行うときは、必ず学生という身分が確認される書類の提出が必要になります。

具体的には、学生証や生徒手帳、在学証明書などが必要です。

まだ学生証などが発行されていない小学生の場合は健康保険証やパスポートでも問題ありません。

 

 

2、学割の契約をした家族も安くなる?

ドコモでは、学生がドコモの学割に加入した場合、学生の家族もファミリー割引というプランが用意されています。

契約する端末によって割引サービスもことなります。

例えば、FOMAで契約している場合、ファミリー割引であれば基本利用料が25%引きになります。

(ただし、Xiサービスで契約していると割引の対象にならないので注意しましょう。)
家族内の通話が30%OFFになって、さらに携帯から自宅に電話する時も10%OFFになるなど、

家族で契約すると安くなるプランが目白押しとなっています。

入学式

 

3、学割が適用された月額料金とは?

一番気になるのは、毎月どれぐらいのお金がかかるかということですね!

ドコモで新規に契約して、パケット定額プランとISPと呼ばれるインターネット接続サービスに加入したことを前提に、

いくらかかるのか検証すると毎月の月額料金は5500円程度になります。

これは基本料金を抜いた金額となります。この金額が学割が効いている3年間は続くということですね。
他社と比べても金額に差は生じません。

 

4、長期的な視野で考慮するとドコモが有利?

料金体系を各社で比較しても、学割で契約した際の基本料金は全く違いがありません。

しかし、家族の適用される割引率が異なってきます。

ドコモの場合は家族も3年間、学割とともに、月額料金が無料になるのですが、

auとソフトバンクは1年のみで2年目以降は金額が上がっていきます

auとソフトバンクは家族の場合、学割が効いている1年目こそ5500円ですが、

2年目は6430円、3年目が6934円と徐々に上がっていきます。

家族もすべて同じキャリアで揃えたいということを意識しているなら、ドコモが安いということになります。

NKJ52_chiisaikanyoutokeitai500

 

5、ドコモの学割ならではの特典とは?

動画やアニメをスマホを使ってみたい人におすすめなのが、

dビデオ、dアニメストア、dヒッツの2つ以上を契約するとデータ量上限を、さらに1GB増量するというプランが存在します。

また、ドコモの学割は学割以外の割引プランも併用することが可能です。

例えば、「ファミ割MAX50」や、「ひとりでも割50」と併用して割引が適用されるケースもあります。

「ファミ割MAX50」は申し込んだその日から基本料金が50%OFFになるという割引プランです。
しかも家族全員の国内通話が24時間タダになります。

一方、「ひとりでも割50」も申し込んだその日から50%オフが適用されるというサービスです。

こちらはなぜ割引になるかというと、2年単位での契約ということを条件に割引を行うプランになります。

そのため、2年以内に契約を解除してしまうと、解約金で9500円かかるので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか?

家族でドコモに揃えたい!

長期的にドコモを使用したい!という方にはドコモがお安くなりますね♪