【割ニュー】学割まとめ – 携帯から新幹線までお得な裏ワザニュース
*

学割で新幹線を使う方法【購入前に確認】注意ポイントは?


RAILTRACK 2
学生が新幹線を使う場合、JRの窓口で券を購入すれば学割料金での購入が可能です。
通常料金の2割、安くなるので覚えておきたいですね。
 
ここでは学割による新幹線のチケットの購入方法や注意点について詳しくご紹介していきましょう。

1、学割の料金/値段

_DSC4508
学割の対象となるのは中学、高校、大学、その他、専門学校の学生です。
 
片道で101キロ以上になれば運賃が2割引になるので、学割を利用した方がお得です!
 
事前に目的地までどのぐらいの距離があるのか調べてみましょう。
 
わかりやすい目安で言うと101キロというのは、東京駅から熱海駅だと104キロなので、何とか学割が適用される距離ということになります。
 
逆に東京から小田原程度だと学割が適用されないので注意が必要です。
 
他に関西でわかりやすい例で紹介すると、新大阪から姫路だと91.7キロなのでギリギリに学割が適用されません。
 
新大阪、米原間だと106.7キロなので、なんとか学割が適用されます。
このように移動距離によって適用されるかどうか微妙な距離もありますので、事前に確認は必須ですね!
 

2、学割の買い方

af9920048167
学割でチケットを購入するには、まず在籍している学校で学割証を発行する必要があります。
 
学割証といえば、おそらく事務の方は分かると思いますが、
 
正式には生徒旅客運賃割引証というものです。
 
学割証が発行されるのは本来、学業や就職に関することでのみ使用が許可されていますが、
 
帰省や旅行などでも使用することが可能です。
 
学校によって学割証の記入欄に多少違いがあるケースもあります。
 
帰省や旅行などの欄がない場合は、「その他」にチェックを入れましょう。
 

3、学割の自由席

MOK_shinkansenhayabusa500
学割は自由席にも適用が可能です。
 
自由席ならいつの時間に乗っても良いという利点がありますが、
 
乗車される駅によっては座れないケースもあると思います。
 
学割が適用されるのは101キロ以上という区間になりますので、
 
例えば104.6キロの東京、熱海間であれば40分ぐらいは座れないと立っていなければいけないということになりますが、
 
それぐらいの時間であれば、まだ問題ないかもしれません。
 
ただ、長距離移動の場合は自由席より指定席を考慮した方が良いですね。
 
みんなでわいわいおやつを食べながらの移動は楽しいものですから!

4、途中下車出来る?

A mobile couple
新幹線の特急券は途中下車ができないので、例えば東京から新大阪間の特急券を買ってしまった場合、
 
途中下車して改札を出てしまうと再入場はできません。
 
例えば、途中の名古屋で降りたいのならば、東京から名古屋、名古屋から新大阪と分けて特急券を購入した方が良いでしょう!
 
注意としては、それは特急券のみの話です。
 
乗車券は途中下車しても問題ありませんので、東京から新大阪までを購入すれば問題ありません。
 
それではわかりにくいのであれば、乗車券と特急券の両方とも、
 
途中下車の目的地のチケットを購入して2回に分けて買ったほうがわかりやすいかもしれませんね。
 
要約すると、新幹線の場合は特急券を必ず買うので、途中下車はできないと考くと良いかもしれないですね。

5、払い戻し出来る?

haraimodoshi
払い戻しは、その購入したチケットの発車までは払い戻しが可能です。
 
ただし、自己都合による払い戻しは全額戻ってくるのではなく、手数料が引かれてしまうので注意しましょう。
 
手数料は乗車券が210円で、自由席特急券は310円となっています。
 
また指定席特急券の場合は出発2日前までは310円ですが、
 
前日と当日の場合は特急券料金の30%も引かれてしまうので注意しましょう!
 
移動距離が長くて特急券の料金が高ければ高いほど、引かれる額も増えてしまうという計算になります。
 
ただし、もちろん自分に責任がなく、JR側の事故や災害などの場合は全額戻ってきますので安心です。
 
けれど、遅延程度では全額戻ってくるわけではありません。
 
特急券の料金は戻ってきますが、乗車運賃はそのままで、払い戻しは不可となります。
 
これで新幹線の学割の購入の方法はわかりましたね♪
 
旅行や帰省前には事前に学割証の発行を忘れないようにしましょう!