【割ニュー】学割まとめ – 携帯から新幹線までお得な裏ワザニュース
*

デザイン作業に!【学割使用のAdobe製品の紹介】


デザインソフトと言えば、Adobeですね!

ホームページ制作、動画制作などに使いたいソフトです。

でも、、、実はとーーーーっても高いんです。

通常価格だと、私のような学生には手が出ません。

IMG_14532

 

そんな中、Adobe製品の、Creative Cloudが、

学生・教職員向けのプランを用意してくれている事が判明!

 

そもそもAdobe製品って何?

Adobe製品に詳しくない方もいるかもしれないので、

少し、Adobe製品のお話を。

デザインの作業をしてなくても、使ってますよ。

Adobe Readerってご存知ですか?

無料で使える、Adobeが出しているソフトです。

PDFの形式のファイルを見ることがありますね。

大学などで、教授から配られたり、論文を検索していると出てくるファイル形式です。

これを開くためには、無料のソフトが必要で、それをAdobeが出しています。

実は、既にAdobe製品を使っている方が大半だと思います!

こんな見た目のソフトですね。

出典:http://helpx.adobe.com/

 

Adobe のデザインソフトにはどんなものがあるの?

 

file2501259590199

 

Adobeにはデザインの作業で使えるソフトが、市場でシェアを取っています。

例えば…

・Photoshop製品(デジタル写真の編集用)

・Illustrator(印刷用のデータやイラスト作成用)

 

・IndDesign(本・雑誌・パンフの作成用)

・Dreamweaver(動画作成用)

等があります。

 

私は、全部のソフトをお試しで使っていることがありますが、

まぁ、難しいです。

操作が直観的ではなく、デザインの作業は細かいので、

使い慣れないと、どこをどうすればよいのかが分かり辛いです。

 

その分、使いこなせると、企業への就職や、自分で仕事をする際にも役立つと思うので、

やっておいて損は絶対ありません!

Success Starts Here Freeway Style Desert Landscape

 

参考書はいくつか買っておいて、後はわからなければその都度、

ウェブで調べながら解決するのが一番ですね。

この辺りの雑誌で、Adobe製品をどう使うのかを知っていただくと面白いと思います。

 

Amazon:Pen+(ペン・プラス) 1冊まるごと アドビのすべて。

 

Adobe Creative Cloudって何?

出典:http://www.adobe.com/jp/

↑で書いたようなソフトは、一度購入してダウンロードしてしまえばずっと使えますが、

Creative Cloudは、クラウド上にあるソフトを使うサービスです。

簡単に言うと、ネットを介してソフトを利用するので、自分のパソコンにソフトをダウンロードする方法ではありません。

使い方はほぼ同じなのですが、料金が、年間での契約になります(学生・教職員向けの場合)。

 

コンプリートプラン(PhotoshopやIllustratorを含むすべての製品とクラウド機能を使用)

・個人が一般で購入する場合、期間限定の特別価格でも、

月々、3,980円 

かかります。(2014年11月28日までの期間限定特別料金)

 

それが、学生・教職員向けだと、

 月々、1,580円

 

になるんです!(2014年11月28日までの期間限定特別料金)

 

かなりお安いですね。

 

注意

・学生・教職員個人版の購入資格証明書類が必要です。

詳しくは、こちらを確認してくださいね。

・対象教育機関が定まっています。

検索ページは、こちらです。

 

今だけ限定価格なので、興味がある方は、早めにご確認ください!